大人の発達障害ADHDですが・・・毎日のポンコツパーティ♪をとことん楽しむ方法

思い切って精神科を受診!やっぱり大人ADHDでした・・・

子どもの頃からなんとなく生きづらいと思ってた!

 

子供の頃からず~っと生きづらいと思って生きてきました。

 

 

 

f:id:happysyare:20160910025840j:plain

 

 

 

突然聞こえてきた・・・天の声?

大震災の数日後、食料調達のために雪降る中、なが~い行列に数時間並んでいた時だった。

ホント突然に聞こえてきたんだよね~。

自分でもビックリしちゃってねぇ・・・。

 

天の声

 

「ホントにこのままでいいの?」

びっくらこけて、クエスチョン3つくらい並んだわ(笑)

 

 「やだよ!!こんなのホントの自分じゃない」

「んじゃ~どうしたいの?」

「ホントの自分に戻りたい!!」

「なら、戻ればいいじゃん!」

 

ホント不思議な感覚だった。

どっから聞こえたんだろう?

 

仕事は休めない。

子供たちのそばにいられない状況にイライラしてたし、疲れてた。

自分も子どもたちも犠牲にしているという思いが強かった。

ホントは子どものそばにいてあげたい。

 

今まで他人様のお世話をして、他人様が喜ぶことをしてきた。

そうしたら自分も幸せになると思っていたから・・・。

いや~違うな!

本音は人様に「アンタは偉い!!」そう思って貰いたかった。

認めて欲しかっただけなんだな・・・なんか最悪。

 

震災の大揺れで心の奥底に押し込まれていた思いが解放されてしまったって感じがした。

 

ホントの自分に戻るって決心したけど、どうすりゃいいの?

ホントの自分とか、元の自分に戻るって決心したはいいけど、正直なところどうやって戻ったらいいものかわからなかった、というのが本当のところ。

 

ただ、今までの自分を振り返ってみると、誰かに認められようと頑張ってきたことだけはわかってた。

できない自分、ダメな自分をひたすら隠し、バレないように努力に努力を重ね、影で頑張ってきた。

 

つうか完全に誤魔化してきた!

 

そんなやり方でこれまでの人生、何とか乗り越えてきた・・・いや、誤魔化してきた。

もういい加減、誤魔化すの嫌になってたんだなって思う。

でも、「ホントの自分とやらに戻るにはどうしたらいいものか??」

 

誤魔化し過ぎてホントの自分がわからない。

ホントの自分って何だ?

どんな人間だったっけ?

 

インターネットや本から本当の自分を探す手がかりを求め始めた 

ひたすら模索する日々が始まった。

ネット上を彷徨い、まずは「内観」というものに出会う。

ひたすら自分の内面を見つめる日々。

やってみていろんな気付きはあった。

一時的にモヤモヤはスッキリした(ような気がした)。

でも、しばらくするとモヤモヤは再びやってきた。

 

「なんか違うんだよなあ・・・。もっと根本的な何かが私の中にあるんじゃないの??」

 

そんな思いが頭を離れない。 

で、再びネット上を彷徨って、次に出会ったのが「心理学、セラピー」ってやつ。

これなら私の中にある、得体の知れないモヤモヤ~を解消できるかもしれない!!

ホントの自分に戻れる何かを得られるんじゃない?

子供の頃からの「何となく生きづらい」みたいなものも何とかできるんじゃないの?

 

そう思って、飛び込んじゃった!

心理学の世界・・・

 

 

膨大な心理学の知識に振り回される!

ドキドキしながらセミナーに通いだした私。

ウン十万のセミナー代なんてクソ食らえさ!

私の生きづらさが何とかなるなら、ホントの自分に戻れるなら・・・藁をも掴む思いってこんな感じなのか?

 

初めはよかった。

「知らなかった知識を得ることが楽しい♪」

セラピーで心の奥底に押し込められた思いが出てしまい、苦しくなることもあったけど、これも自分を取り戻すためならと数ヶ月間通った。

 

がっ!!

 

この後、まさかこの膨大な心理学の知識に振り回される結果になろうとは予想もしてなかった!!

 

アダルトチルドレン

愛着問題

投影

発達障害

共依存・・・etc

 

すべてが自分に当てはまる気がした。

これまでの生き方すべてが問題だらけだったんじゃないか?

親子関係?

育てられ方が悪かった?

いろんなエピソードが当てはまる感じがしたし、もしかしたら、自分で自分の記憶を書き換えていたりして・・・。

勝手に思い込んでる??

もうグチャグチャでどうにもならない気持ちを抱え込んでしまった。

 

「どうしたらいいんだろう?」

再び模索が始まった。

 

心理学が悪いわけじゃない。

自分の解釈や受け取り方が間違っていたのか?

もっともっと自分を掘り下げる必要があるのか?

セラピーをもっと受けるべき?

 

ちょっと良いことあると上昇!

悪いことが起きると一気に下降~!!

グチャグチャだったわ・・・気持ちが。

 

 

そんなときフッとこんな声が聞こえてきた。

「また天の声かい!!」

 

「意外とシンプルやで!一度ぜ~んぶ疑ってみい!

現在も過去も・・・」なんで似非関西弁?

 

 

結局シンプル&ハッピーなのかも・・・

一度、自分のすべてを疑ってみる!

 

これが意外と効果あって、勝手に思い込んでいたり、勘違いだったり。

自分勝手な思いが多かった!

それと記憶違いも多々あり。

親と話してみたら自分の記憶と全然違っていたり(笑)

脳ミソって騙されやすいんだなあ~(ーー;)

 

目の前の現実は現実じゃないのかも。

 

そう思えてから気持ちが楽になって、少しずつだけど自分の声に正直に生きてる。

それが楽しい!

誤魔化さないで生きるってこんなに楽しかったんだなあ・・・って。

できない自分を誤魔化さないから、それを嫌がる人からは指摘されるし、溜息つかれてるのも知ってるけど、しょうがないじゃん!

そう思えるようにもなってきた。

 

私は、他人の期待に応えるために生きてるんじゃない!

 

もちろん凹むことはまだまだあるけど、凹んだっていいわけで。

なんて思えるようになっていったけど、問題はまだ解決なんかしていなかった。

 

 

もしかしたら私、発達障害を持っているんじゃないの?

 

 「自分は発達障害を持っているのでは?」

そんな思いがどこかで拭いきれずにいた。

 

なぜなら、家庭生活は特に問題ないのだけど、仕事では失敗を繰り返しお叱りを受けることが多くなっていったから。

自分が良いと思ってやったことが裏目に出て、何もかもうまくいかなくなっていた。

上司や同僚から指摘され、注意を受け、すっかり自信をなくしてしまう出来事が続いた。

 

何をやっても上手くいかない。

 

気持ちは前向きになり、よかれと思って行動すると必ず失敗する。

というか、自分は失敗してると思わないんだけど、他人から見ると問題だったようで、必ずといっていいほど注意を受けていた。

 

責任ある立場をまかされるようになって、自分から行動するようになり、これまで見えてこなかった私自身のいろんなものが表出されたからだろうと思う。

 

「大人の発達障害」そんな言葉が目に留まる。

ADHD学習障害アスペルガー自閉症・・・

その中で今の自分のほとんどが当てはまるのがADHDだった。

「やっぱり、発達障害を持っているんだろうか?」

 

敷居は低くなってきたけど、やっぱり精神科に行くのには抵抗がある・・・

大人の発達障害ADHDではないか?と疑い始めてから1年以上が経過していた。

何度も何度も、大人の発達障害に関する情報を漁る。

簡易的なチェックシートもやってみた。

 

「完全に一致してるじゃん!!」

 

そう思いながらも、なかなか精神科の門を叩くことはできなかった。

学生時代だって何とか乗り越えてやってきた。

年数は短かったけど、社会人だってやった。

自分は頑張ればできる人間だと思って生きてきた。

 

もうちょっと様子をみていこう!

 

自分はADHDかもしれないけど、とりあえず・・・

というわけで、とりあえず精神科受診は自分の気持ちが決まるまで保留にしようと思ってます。

気持ちが決まったら、思い切ってみますが・・・。

その時は、ブログ内でご報告したいと思います。