読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人ADHDなようで・・・毎日がポンコツパーティ!

思い切って精神科を受診!どうやら大人ADHDな模様・・・

栗原類「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」 素直な気持ちとズルイ私と・・・

ADHDのこと

これ、ゆっくりと読んでました。

 

happysyare.hatenablog.jp

 

f:id:happysyare:20161030013120j:plain

 

子供の頃の障害のこと、親子関係、生活のこと、学校のこと、主治医からみた類のこと、専門的なこと・・・などなど

本人、母親、主治医それぞれの目線から発達障害について語られています。

 

読み進めながらいろんなこと思いました。

 

自分にも当てはまる部分がたくさんあって・・・

「私も同じように苦労したな~」っていうか、今も苦労してることいっぱいあるなって。

他の人がすんなりできることが私にはできなかったり。

一度にいろんな情報を整理できなかったり対応できなかったり。

 

 

で、読んでいて不安になるどころか、妙に納得しちゃって。

なんか笑えてきた!

 

何に笑えてきたかというと、悩んでいた自分に対して。

出来ないことを悩む必要はないって思った。

 

 

当時の幼い私に対して、父も母もできないことを責めたりはしなかったし、できないところはできるようになるまで根気良く付き合ってくれた。(母親に「早くしろ!」ってはよく言われてたけどね)

勉強しろとも言われなかったし、好きなことの大部分をやらせてくれてたし。

いろんな体験させてくれたし。

ダメなことはダメってちゃんと教えてくれてたし。

 

 

あれ?

うちの親って、この本に書いてあるような、対応の仕方や育て方を自然にしてくれている?

それってすごいじゃ~んって。

私を大切に扱ってくれてたんだなあ・・・って。

 

 「やっぱり私は私のままでいいんだよね♪」って素直に思ったのと、ずるい自分がいたことにも気付いた。

何か病名がつけば、嫌な出来事や扱いから逃げられる、逃げの口実になる。そんな思いが心の奥にあったんだな・・・。

 

でも・・・

 

できないことはできないと断ればいい。

助けを求めてもいい。

ひとりで頑張らなくていい!

 

そんな覚悟も出来た。

 

 

受診に関しては、行っても行かなくてもどっちでもいいかなあ~って今はゆる~く考えてる。

上司命令が下ったら仕方なく行くかもね~(笑)

 

 

 

結論!

「私は私のままで全然大丈夫!」

迷惑かけちゃう方々もいると思うけど、そこはごめんなさ~い!

今のところ、そんな感じ♪