大人の発達障害ADHDですが・・・毎日のポンコツパーティ♪をとことん楽しむ方法

思い切って精神科を受診!やっぱり大人ADHDでした・・・

気の合う人たちと一緒だとどんな言動でも罪悪感など一切感じない!

気の合う仲間といるだけで・・・

不思議なもんで。

気の合う仲間と一緒に何かに取り組んでいる時には、どんな言動でも、罪悪感を一切感じないことに気付いた!

f:id:happysyare:20161122231553j:plain

日々の心がこんなグレーの空なら?

罪悪感を一切感じないと気づいた私の心は一瞬で・・・

 

f:id:happysyare:20160910025840j:plain

一気に青空よ~♪

 

もちろん、いろいろなやり取りはあるわけで、ぶつかることもあるし、意見が一致することもあるし、遠慮なく言いたいこと言ってしまうこともあるんだけど、「相手がどう思うか?」などといちいち考えない。

 

理由はたぶん、「絶対に否定されないし、受け止めてくれる!」という絶対の信頼があるからだと思う。

相手からの言動にイライラしたり、腹立ったりももちろんある。

だけど、長期間に渡って引きずることなどまったくない。

 

絶対の信頼、信用をお互いにしているからなんだろうと思うのね。

じゃ、この「絶対の信頼関係」をどうやって築き上げてきたんだろう?

 

同じ目的を持った人たちの集まりは最強か?!

同じ目的を持った人の集まりだったとしても、どうしても気の合わない人っていると思う。

実際に、合わなくてやめていった人もいたし、実際に今、揉めてるのもいる(笑)

 

では、私の場合はどうなのか?

頭にくる人はいたし、私を苦手としていた人はいたし、人間関係いろいろ。

 

ハッキリ言えるのは、自分の気持ちを誤魔化さなかったのと、自分のやりたいことはできるだけ形にしてきたし、納得いかないことには自分の意見を何度も伝えたということ。

 

「好きなことをやり続けたい!」

 

ただ、それだけの思いが私に行動させる原動力となっていたことは確かかな・・・と思う。

 

思い切ってぶつかり、それを受け止めてもらえたという体験の積み重ねが、「相手を信頼し自分をも信頼できる!」という最強の場所を作ることができたんではないのかな?と。

 

今揉めてる仲間は、どこか遠慮がちにみえる。

言いたいこと言ってるけど、ただの文句である。

で、一回ダメだと諦める。

ホントに伝えたい内容は実際に伝えてないし伝わってない。

「アイツはダメだ!」と諦めてるんだよなあ・・・。

何度でもぶつかれよ!!もったいない!

 

結局のところ、本当に好きなことだったら、相手にどう思われようとちゃんと伝えられるし行動できるし一緒にいられる!(みたいだ・・笑)

そういう場所を見つけられ、仲間を得られた私はなんて幸せ者なんだろうと思う。

罪悪感を感じない、素の自分でいてもいいという遠慮のいらない場所。

宝物だなあ・・・。

 

「私の好きなものがビジネスと結びつかないかな?」っていっつも考えてるけど、いいアイディアが全く浮かばない。

脳ミソ固いんだわ・・・(笑)