大人の発達障害ADHDですが・・・毎日のポンコツパーティ♪をとことん楽しむ方法

思い切って精神科を受診!やっぱり大人ADHDでした・・・

ADHDの困りごと、面倒くさくて後回しにしがち・・・

「面倒くさがりやで、ギリギリまで先延ばしにする癖」

これ、単なる癖と思っていたぺぺろんですw

 

これはれっきとしたADHDの症状なんだそうです。

 

遡れば幼稚園までは発覚しなかったんですよね。

だって宿題なんかないしw

 

 

あれは忘れもしない、小学生1年生の夏休み。

やらかしました。

宿題の大半をやらずに、夏休み残り1週間。

 

お天気の観察、朝顔の観察日記、絵日記など。

ほとんど手つけてな~~~い(泣)

1週間必死で宿題を終わらせたのを覚えています。

 

そして2年生の夏休み。

再びやらかしました。

工作、夏休みの終わる2日前なのに作ってない(泣)

 

父に泣きついた私。

父は自宅にあるもので作ることを提案してくれました。

つきっきりで、すぐさま実行!!

 

父は怒らず、「どうしたらできるか?」みたいなことを教えてくれる人です。だから私は今まで何とかやってこられたんだろうと思うのです。

 

お正月に家族が集まったとき、その思い出話になり・・・

弟夫婦に大爆笑されました。

 

弟「そんなことあったんだ~w」

嫁「お姉さんって面白すぎる~!!」

笑いすぎだろっ!!お前たち!

 

でね、その夏休みに作った工作は今でも私の手元にあります。

空き缶に紙粘土でデコレーションした物入れ。

ちゃっかり、賞をいただきましたよ!

 

ほとんど父の手によるものだったけどwww

 

3年生はギリギリだったけど、ちゃんと期間内に自分で宿題を終わらせた記憶があります。

こんな調だったんで父からは、最後まで投げ出さず、やり切ることを付きっ切りで教えてくれました。

 

当時の私は何の診断もついてなかったわけですが、今思えば父の子育てはホント、神ですよね~!!

 

父の神対応は、栗原類の「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」に出てくる、類の母親の子育てに近いものがあります。

 

f:id:happysyare:20161030013120j:plain

↑この本ね♪

 

両親にはホント今でも頭が上がりません!

感謝感謝ですね♪