大人の発達障害ADHDですが・・・毎日のポンコツパーティ♪をとことん楽しむ方法

思い切って精神科を受診!やっぱり大人ADHDでした・・・

ADHDと診断されたこと、親に言いにくかったのね・・・

久しぶりに実家へ行ったぺぺろんです!

近すぎると、「いつでも会える」つもりになってしまう。

いかんなあ・・・

 

目次

 

 

f:id:happysyare:20170429233203j:plain

 

ADHDのこと、親に話しにくかった訳

 

実家の母から、毎度突然の「おいで!コール」があり、久しぶりに実家へ行ってきました。

実家行くとやっぱり居心地いいなあと思います。

結婚する日の朝「結婚しないで家にいたいな・・・」って正直思ってましたもん(ーー;)

 

いろいろ話しをしながら一緒に夕飯食べて。

ぺぺろんの大好きなお寿司買ってきてくれてました♪

 

で、今まで言えなかった「ADHD」のこと、話してきました。

何で言いにくかったのかと言うと、「申し訳ない」気持ちがあって。

高齢になった親が心配するんじゃないのかな?って勝手に思ってしまっていました。

父と母が大好きなので、「心配かけたくないなあ・・・」って思っていたんです。

 

両親の意外な反応!

 

父と母は「そうか~そうか~!」って言いながら話を聞いてくれました。

父は話を聞いてくれる人なんですけど、母はなんだかんだと言うんじゃないかな、と思っていたので、ちょっとビックリしてしまいました。

それとも歳をとって反応が遅くなっただけ??(笑)

 

で、ADHDの特徴と私の場合の特徴を話して、子供の頃から「生きずらかった」ことも告白して。

 

「そうか~!そうやって悩んでいたんだな。」「知らなかったなあ・・・」ってただただ受け止めてくれたのがすっごく嬉しかった。

 

今まで抱えていた悩みを話すことができた嬉しさ!

 

これまでの数年間、仕事の効率が悪くて、いろいろ注意されたりして悩んでいたことも話せました。

 

そしたら父が、「自分が努力してやれることはやるとして、できないことは『できない』とちゃんと断っていいんだよ」そう言ってくれました。

 

なんかね、肩の荷がす~っと降りた感じです。

親がいつでも自分の味方であること、こんなに嬉しいことはありませんね。

 

私は私のこれからのことを真剣に考えてもいい!!

 

下の子供もあと1年で大学卒業し、今年は就活なので、私の残りの人生をどう生きていくのか?

具体的に考えていいんだなと。

 

今までは、「子供が成人するまでは~・・・」とがんばってきたけれど、これからは、私の人生を生きてもいい!!

ようやくその地点にたどり着きました。

離婚してから長かったような、短かったような・・・。

 

残りのライフプラン、ワクワクしながら計画立ててます♪

30代に入った時に、「50歳に早期リタイヤして、自分のやりたいことをやりきる!!」(いっぱいあるんだぁ~♪)って自分の中で決めてました。

今までもやりたいと思ったことは(すべてじゃないけど・・・)それなりにやってきたので、さらに追加していこうと思います。